便利なシューズクローク

今では玄関の横にシューズクロークを設けるのが当たり前のようになってきました。従来のように玄関スペースに靴箱を設置している家庭の方が少なくなってきています。玄関スペースに靴箱があることで玄関スペースに圧迫感を感じてしまいます。

シューズクロークを設ければ玄関部分に靴箱を設置する必要がなく、玄関スペースをスッキリとそして広々とさせることができます。
シューズクロークと言っても靴や傘をしまっておくだけの収納スペースとして活用させるだけではないのです。外で使用するベビーカーや三輪車、広さに余裕があれば自転車までもしまえるように土間収納スペースを確保し、収納機能を高めたシューズクロークが求められているのです。

玄関部分や玄関ポーチ部分についつい置きっぱなしになりがちなこれらですが、シューズクローク内に土間収納があればしっかりと収納しておくことができるのです。物で溢れるとごちゃごちゃした印象になりがちですが、きちんと収納することで住宅の顔である玄関スペースをスッキリと開放感のある空間になるのです。

また上着などを一時置きできるスペースを確保するのも便利でしょう。靴を脱ぐのと同時に着ている上着を掛けられるようにしておけば、リビングに上着が脱ぎっぱなしになることもなくなります。

またシューズクロークから玄関収納を充実させ、家族の衣類を管理するファミリークローゼットを設ける間取りを取り入れている家庭もあります。それだけ玄関周りの収納に力を入れる家庭が増えているのです。玄関の快適性はシューズクロークの収納力にかかっているのかもしれません。

Tags:

This entry was posted on 月曜日, 6月 8th, 2015 at 9:19 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

 

Comments are closed.